単体 C

救世の4原理 27 単C

Report No.126

天国と地獄の関係とは、神我と自我の関係です。

自己のただ中に天国と地獄の全てがある。

自己の神我を強めれば、天国があらわれ、自己の自我を強めれば、地獄界があらわれる。

自己の神我を強めれば、統一があらわれ、自己の自我を強めれば、矛盾と対立があらわれる。

そして神我を強めれば、神の心に支配されて、この世に霊天上界が現象化し、自我を強めれば、神の体に支配されて、この世に地獄界が現象化してくる。

神を失えば、自我の相対的性質から対立と矛盾があらわれ、その鎖に繋がれることになる。

関連記事

  1. 「救世の法」とは何か 単C

  2. 救世の4原理 117 単C

  3. 次世代の文明は「当為(ゾルレン)の文明」 単C

  4. 宇宙の調和と秩序 単C

  5. 一人残らずの全人類救済法則 単C

  6. 回想 27 単C

  7. 「永遠」なくして救いなく、「永遠」なくして幸福なし 単C

  8. 勝利の方程式 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 21
  2. 単体 T

    総括 21 単T
  3. Creator's Report

    救世の4原理 140
  4. 単体 C

    救世の4原理 140 単C
  5. Truth

    総括 20
  6. 単体 T

    総括 20 単T
最近の記事 おすすめ記事