単体 C

救世の4原理 91 単C

Report No.262

人間・罪の子の思想は、人間・神の子に到るまでの過渡期の思想であり、やはり方便です。

罪という善と逆のものを主張することによって反省させようとした。

やはり罪を罪として、悪を悪としてそのままの状態で放置しておりますと次第に心は曇り、徐々に心自体が廃虚となり、廃病院のようになって、そのうち自己の心が悪霊や悪魔の住処となる。

現代では60%の人達が地獄に堕ちているということは、60%の人達の心が悪霊の住処になっているということになります。

関連記事

  1. 救世の4原理 110 単C

  2. 全体の法としての「宇宙即我」1 単C

  3. 唯物論 単C

  4. 「救世の法」の完成と成就 単C

  5. 絶対性理論 2 単C

  6. 神ご自身の目から見た罪とは何か 単C

  7. 波長同通の法則とは真理に従って発動する 単C

  8. 真理とは神の科学 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T