単体 C

普遍的な「救世の法」単C

Report No.400

「神約民主論」では、真の平等、すなわち真の神の存在を中核に置いています。

過去・現在・未来の天界・現界・地獄界の全霊人は、その心の中心に同一の神の心を宿している点においてのみ「永遠に平等」であり、実際人類にはこれ以外に平等と言えるものは存在しないわけです。

人格を捉えても、肉体を捉えても全て差別相であり、法の下における平等も死の下における平等も存在せず、機会の平等も厳密に言って存在しません。

平等と言うならば、時間と空間の全てを超えていなければ、それを平等とは言いません。

過去・現在・未来の天界・現界・地獄界に住する全霊人が有するものの中でそこには微塵も差異があってはならず、完全に同一同質同量同規模でなければ、それを平等とは言わないのです。

これは人類にはたった一つしか与えられておらず、心の中心に存在する同一の神の心のみです。

関連記事

  1. 救世の4原理 125 単C

  2. 神の存在とあの世の存在 単C

  3. 救世の4原理 55 単C

  4. 善悪の普遍的な価値基準 単C

  5. 全人類の幸福とは、天地一体の文明創造にある 単C

  6. 救世の4原理 36 単C

  7. 宗教改革とは信仰改革 単C

  8. 求めよ、さらば与えられん 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  2. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
  3. Truth

    知の原理
  4. 単体 T

    知の原理 単T
  5. 国際

    思い出した予言
  6. Creator's Report

    光の盾
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾