単体 T

本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編4ー 単T

「『あなたがたのうちだれでも家畜の供え物を主にささげるときは、牛または羊を供え物としてささげなければならない。」

「その内臓と足とは水で洗わなければならない。

こうして祭司はそのすべてを祭壇の上で焼いて燔祭としなければならない。これは火祭であって、主にささげる香ばしいかおりである」

関連記事

  1. 神理の基本 1 単T

  2. 生き神信仰 単T

  3. エリュシオン 5 単T

  4. 原文 51 単T

  5. 永遠の希望 ー多次元世界の存在ー 単T

  6. 聖なる一線 単T

  7. 戒律 5 単T

  8. GLAと幸福の科学 39 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T