本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編4ー 単T

「『あなたがたのうちだれでも家畜の供え物を主にささげるときは、牛または羊を供え物としてささげなければならない。」

「その内臓と足とは水で洗わなければならない。

こうして祭司はそのすべてを祭壇の上で焼いて燔祭としなければならない。これは火祭であって、主にささげる香ばしいかおりである」

関連記事

  1. ゴッド・ハンド 単T

  2. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -神道編 2ー 単T

  3. 原文 14 単T

  4. 波長同通の法則の真意 単T

  5. 仏の慈悲 単T

  6. 自我と物質の考察 Ⅲ 単T

  7. 救世の法、その概略 単T

  8. アダムとイヴ 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    回想 Ⅰ
  2. 単体 C

    回想 Ⅰ 単C
  3. Truth

    エリュシオン 31
  4. 単体 T

    エリュシオン 31 単T
  5. 国際

    実質実効為替レートが過去最低を更新 日本
  6. Creator's Report

    神への信仰の義務性
  7. 単体 C

    神への信仰の義務性 単C
  8. Truth

    エリュシオン 30
  9. 単体 T

    エリュシオン 30 単T
  10. Creator's Report

    人は神への信仰によって「宇宙即我」となる
  11. 単体 C

    人は神への信仰によって「宇宙即我」となる 単C
  12. Creator's Report

    救世の4原理 101