本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -GLA編 5ー 単T

生前のGLAでは、中道を神の心と定義づけていました。

自我を中心に、これを心の物差しとしますと、必ず物質に支配され、物質の相対性から左右のどちらかに偏り、神の心から外れていきます。

左右の両極端を捨てて中道に入れ : 高橋信次

要は自我を心のものさしとするなと言っているわけです。

正しいという心のものさしを持っていないと狂っていくんです」とも言っていたと思います。

関連記事

  1. 仏陀の法の修正 1 単T

  2. 天のソドムと地のゴモラ 2 単T

  3. 万法は宇宙に帰一する 単T

  4. 愛の発展段階説・捕捉 1 単T

  5. 救世の法の骨格 単T

  6. 親孝行 単T

  7. 宗教戦争消滅の法 3 単T

  8. 家庭ユートピア 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    回想 31
  2. 単体 C

    回想 31 単C
  3. Truth

    次世代の文明の特徴
  4. 単体 T

    次世代の文明の特徴 単T
  5. 真理関係

    次世代の真文明 3
  6. Creator's Report

    回想 30
  7. 単体 C

    回想 30 単C
  8. Truth

    「転落」と「退転」とは
  9. 単体 T

    「転落」と「退転」とは 単T
  10. Creator's Report

    救世の4原理 123
  11. 単体 C

    救世の4原理 123 単C
  12. Truth

    如来の法