統計

「毎月勤労統計調査」の8月分が出ました。

毎月勤労統計調査 平成27年8月分結果確報

実質賃金、8月の速報は「プラス0.2%」でしたが、確報は「プラス0.1%」となり、下方修正です。

営業毎旬報告も公表され2015年10月20日現在、日銀は国債を「310兆3111億3368万8千円」保有していることになります。

営業毎旬報告(平成27年10月20日現在)

同日、ECB(欧州中央銀行)の3つの政策金利も発表されました。

リファイナンス金利(政策金利)は据え置きの「0.05%」であり、限界貸出金利を「0.3%」に、中銀預金金利を「-0.2%」にそれぞれ据え置きました。

ただドラギ総裁は、「QEは来年9月まで継続、必要に応じて、それ以降も実施」としながらも、更なる利下げと12月の金融緩和を示唆しました。

ドラギ・マジックがブラックスワンを招く!?ECB追加緩和前に第二のスイスショックも!

景気回復のためには何でもするという姿勢ですが、どこも似たりよったりであり、神の体を拝んでいるうちは、経済は沈んでいくことになります。

アメリカだけは自分たちは違うんだ、と、利上げできるほど景気がいいんだと統計を粉飾して虚栄にふけっておりますが、結局していることは日本と同じゼロ金利と重債務への道であり、「偶像崇拝」の道です。

日本も「イチジクの葉っぱ」をベタベタと全身につけ、虚栄一辺倒に執しております。

それは全て神に対する犯罪と化しているために景気の回復は、もうないでしょう。

その反作用を推測しますと、そら恐ろしいものを感じますが、ただではすみそうにありません。

ある意味、世界的規模の事態であり、イエスがどこまで富に奉仕できるか。

ひたすら国益と利益に仕える霊ですからね。

精神的におかしな霊であり、少し薄気味悪いです。

とにかくひたすら金と権力なんですね、この霊は。

聖人のお面をかぶっているくせにね。

この指導霊にして、今の釈迦あり、ということでしょうか。

ただイエスは、もっとうまく嘘をつき、もっとうまくだまして富を目的にしているのですが、釈迦は露骨すぎてバレバレです。

正直な人なんでしょう。

釈迦は嘘がへたくそなので、本来の自分らしさを失わない方が長所も伸びるし、能力もいきる。

イエスの真似をしない方がいいと思っています。

嘘のうまい人というのはいるものです。

福音派を使ってイラク戦争は引き起こすは、ウォール街の「死神」を「ハドソン川の奇跡」で守るは、軽薄な「チェンジ」で大衆を扇動するは、救世運動は失敗するは、どうしようもない霊ですな。

ナチスの背後にいたのも、このキリスト教のイエス=キリストという霊ではないのか。

当時、ナチスは単独で過半数を取れなかったために、時の教皇がカトリック系の中央党に1933年3月23日、ナチス支持に回るように命令して支持し、ナチスは単独過半数を取り、独裁政権ができています。

教皇の鶴の一声がなければナチスは単独過半数を取っていなかったため授権法もなく、ホロコーストもなかった。

今回の福音派を通して戦争犯罪者のブッシュを神と言わせていた事実と軌を一にしています。

福音派を通してブッシュを神と言わせていた霊が、このイエス=キリストと言われる霊ですが、イラク戦争はこの世でも戦争犯罪と言われている。

そう言えばベニート・ムッソリーニの愛人もバチカン関係の女性でしたな。

最後には逆さまにつるされましたがね。

今回もナチスの時と同様、神道と組んでいる可能性がある。

神理的には、確かに全世界を腐敗させたのはキリスト教とイエスですが、悪魔はその結果に過ぎない。

いい加減な善を説く。

すると悪が無限化してきて、そこを悪魔がついているという図式です。

釈迦が「宗教とは価値のないものを、価値のあるもののように思わせること」と言っておりましたが、キリスト教のことを暗に言っていたのではないのか。

言葉だけを聞くと、単なる詐欺ですが、この宗教を見て言っていた可能性があります。

悪魔は結果であり、世界腐敗の原因ではありません。

原因は「にせものの神理」です。

「にせものの神理」とは、「傲慢な神理」ということですが、これも今回すべて明らかになり、歴史で紡がれていくのでしょう。

関連記事

  1. マイナス金利政策導入

  2. ポイント・オブ・ノーリターン

  3. 人種差別 奴隷貿易 植民地主義への断罪

  4. 黒死病(ペスト)

  5. 2030年 政府債務は3000兆円越えへ

  6. トランプ・デス・クロック

  7. 実質賃金4月の確報

  8. デスパレート・エンドゲーム

コメント

  1. An impressive share! I have just forwarded this onto a
    coworker who has been conducting a little research
    on this. And he in fact ordered me dinner because I discovered it
    for him… lol. So let me reword this…. Thank YOU for the meal!!
    But yeah, thanx for spending some time to talk about this issue here on your web page.

  2. I do not know whether it’s just me or if
    everybody else encountering problems with your website.

    It appears as if some of the text on your content are running off the screen. Can somebody else
    please comment and let me know if this is happening to them as well?
    This might be a issue with my web browser because I’ve had this happen previously.
    Many thanks

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Special

    Six amendments of Christ…
  2. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  3. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  4. 国際

    カルパチア号
  5. 国際

    財政の崖 オーストラリア
  6. Special

    The Fundamental Spirit b…
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.07.29

    生命と物質