続いているキリスト教の性的虐待

今月の2月に入り、何かキリスト教関係の性的虐待関連の記事が目立ちます。

聖職者が修道女を「性奴隷」に、児童虐待問題で揺れる教会に新たな打撃 バチカン AFP

「性奴隷」というのは、どこかで聞いたことがある名称です。

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が5日、同教会の聖職者が修道女を「性奴隷」のように扱い、それが今も続いている可能性があると公に認めたことで、同教会全体を揺るがす性的虐待問題は新たな局面に入った。

新たな局面に入った!

とうとう入っちゃいましたか。

「法王だけでなはなく、教会が組織的に、このような虐待が起きていることを公に認めたのはこれが初めてで、非常に重要な意味を持つ」

バチカンは5日、法王は「性奴隷」という言葉を使ったが、これは「一種の権力を乱用した操り行為で、性的虐待も含まれる」という意味だったと説明している。

性的虐待は、現在も進行中だとフランシスコ教皇みずからが認めています。

修道女を性奴隷って、どこのエロビデオだよ。

まったく、下の方のチャクラばっかり開いて、観音開き、御開帳みたいな。

思わず手を合わせそうになるわ。

しかもキリスト教は、カトリックばかりではありません。

妻帯も可能なプロテスタントも同様の問題が出ています。

米最大のプロテスタント教派で性的虐待、被害者700人以上 AFP

しかし・・もの凄い顔です。

この世のものとは思われません。

失敬。

米最大のプロテスタント教派で性的虐待、被害者700人以上 AFP

またひっかかりましたね。

失礼。

米最大のプロテスタント教派で性的虐待、被害者700人以上 AFP

米国最大のプロテスタント教派、南部バプテスト連盟の指導者やボランティアおよそ380人が、性的虐待を行っていた疑いがあることが発覚した。

テキサス州の新聞社2社の報道によると、1998年以降の被害者は700人以上に上るという。

被害者のほとんどが子どもで、最年少は3歳。

20年間で700人とは、年間35人の割合です。

1か月間に「2.9人」、大体ひと月に「3人」が性的な虐待を受けている計算になります。

この比率はかなり多いと思う。

大体、10日に1人の割合で性的な虐待を受けていることになる。

どんな伏魔殿だよ。

週間行事みたい。

しかも男も女も、大人も子供も見さかいがありません。

畜生道かよ。

畜生道に関しては、あの世で高橋信次氏も言っていましたね。

死んで畜生道に堕ちた者は、なんか体がオットセイみたいになっちゃって。

メスのオットセイ見ると、なんかめったやたらと追いかけたくなっちゃって、追っかけてる、と。

あるいは死後、畜生道に堕ちたら、体が犬の姿に変わっちゃってね。

なんか目の前をかわいいメス犬が通ると、無性に追いかけたくなって、キャンキャン言いながら、ずっと追っかけてる、と。

こんなことをあんた、50年も100年もやってるんですよ、と。

そうしないと悟れないんだ、と。

記事では最年少の被害者は、3才とあります。

3才って、まだ記憶もない頃ではないか?

チビとっ捕まえて一体、何をしようっての。

言うことを聞かなければ、お腹をくすぐるしかねぇだろ。

高度な真理やヘーゲル哲学を言っても分からないし。

これまでカトリック教会を混乱させてきた性的虐待スキャンダルと同様の事例が南部バプテスト連盟内でも暴露されたことで、組織全体には衝撃が走った。

従来、カトリックだけの問題と思われていた問題が、実はプロテスタントにも広がっていた。

ある意味、衝撃的です。

なんと言いますか、何か牧師の怖いおじちゃんが、僕にこう、ちょっとエッチなことを・・・

・・えぇー、イエス・キリストは、中々、何と言いますか、絶倫のお弟子さんをお持ちのようで・・

ニュージャージー州にある5つのカトリック教区が、性的虐待を加えた疑いのある元聖職者のリストを一斉に公開しています。

性的虐待疑いの聖職者189人公開 NJ州の5カトリック教区 デイリーサン

州内にある全5教区がそれぞれのリストを公開。

合計で189人に上った。

司祭とこれに次ぐ助祭の名前、出生年と執務に当たった教会名の他、告発の数が複数あったかどうかを一覧できる。

リスト内の全員が教会執務を退いているか、既に死亡している。

元聖職者のリストを公開していますが、これです。

Here’s the list of Catholic priests accused of abuse in NJ

全員が公開されています。

カトリックの性的虐待問題については、ここでまとめられていますが、身内の修道女やプロテスタントにまで問題が拡大しています。

今月に入ってバチカンの駐仏大使にまで性的暴行容疑がかけられ、フランスの検察が捜査に入っています。

バチカン大使に性的暴行疑惑 フランス検察が捜査 AFP

フランスの検察当局は15日、バチカン(ローマ法王庁)の駐仏大使による性的暴行疑惑を捜査していることを明らかにした。

長年にわたるスキャンダルの幕引きを図っているローマ・カトリック教会に新たな悪報が舞い込んだ形だ。

女性ではなく、男に対する痴漢行為だそうです。

だた捜査に入っても外交特権で守られているならば、逮捕はできないのではないか?

ちなみにカトリックの位階はこれです。

ソース

助祭と司祭が位階では下です。

このバチカン上位にある大司教であるセオドア・マカリック米ワシントン名誉大司教が、16日聖職をはく奪されています。

セオドア・マカリック米ワシントン名誉大司教、性的虐待で聖職剥奪 クリスチャン・トゥデイ

バチカン(ローマ教皇庁)は16日、性的虐待疑惑が持たれていた米ワシントン名誉大司教のセオドア・マカリック元枢機卿(88)について、聖職者としての地位を剥奪することを決定したと発表した。

45年以上前、司祭をしていた頃の性的虐待の罪を問われています。

何か今月に入って、この手の報道が続いています。

バチカンの動きも切迫さを増しています。

聖職者による性的虐待と隠ぺい問題への対応を協議するために、今月の21日~24日まで全世界のカトリック司教協議会会長による会議が開かれます。

性的虐待に対応するための全世界の司教協議会会長会議 日本でもさまざまな対応 クリスチャン・プレス

聖職者による性的虐待と隠ぺい問題への対応を協議するため、全世界のカトリック司教協議会会長による会議が、21日から24日まで4日間、バチカンで開かれる。

教皇フランシスコが全世界の司教協議会会長を招集するものだ。

世界的規模で対応せざるを得なくなっている。

この問題が小手先で解決つきそうにないのは、カトリックの聖職者の、なんと「80%」がホモだからです。

カトリック聖職者の8割は同性愛者、秘密主義で虐待正せず 仏社会学者が新著 AFP

カトリック教会の聖職者階層に同性愛がかなり広がっており、このことが「あらゆる側面から教会をゆがめている」と論じる新刊書が、近く発売される。

フランス人社会学者フレデリック・マルテル氏は570ページの新著「In the Closet of the Vatican(同性愛を隠すバチカン)」で、カトリックの聖職者5人のうち4人は同性愛者だと指摘している。

ホモだらけかよ。

ホモの巣窟じゃねぇか。

ごっついヒゲをはやしたハゲとデブが、男同士で「愛してるよっ」とかやってんのか。

新郎と新郎の入場です、とかやってんのか。

どんな恐ろしい罰ゲームだよ。

大体、何なんだよ、男のケツの方がいいってのは。

同性愛を認めないわけではありませんが、何だよこのメジャーな比率は。

主流派かよ。

聖書には、情欲をもって女を見た者は、既に姦淫を犯したのだ、とは書かれてありますが、確かに情欲をもって男を見た者は、既に姦淫を犯したのだとは、書かれていません。

イエスの欲望に対する捉え方の問題点ということでしょうね。

正確には悪に対する偏った見方が原因でしょうね。

女を触ったら悪、触らなかったら善という女性の肉体に比喩した方便の善ですね。

武器をもったら悪、もたなかったら善という武器や女性の肉体、物質から出た善悪を説いている。

物質に善悪はありません。

神の善悪は生命にしかないのです。

欲望や富、権力や物質は、神から最も遠い善というまでです。

悪ではないのです。

最も遠い善ですが、神が造られたために快楽はあるのです。

ただ遠い善ですので、それを目的化して「天」に置けば、本来ない悪が現象化してくるというまでです。

この欲望や物質は目的として「天」にも置けなければ、否定することもできない。

美の恒久的特質の一つは、あらゆるものの極端の中道にある : ラルフ・ウォルドー・エマソン

欲望や自我、物質や快楽は、目的と否定、この両極端の中道に入るのが至当。

イエスはバイブルでこれを明確に否定しているわけです。

この点は、当時のイエスの悟りの限界と言ってもいいし、悪に対する誤認と言ってもいい。

完全な真理は、歴史の究極目的ですから、誰にも説けませんからね。

ヘーゲルが言うように、ただ我々は歴史を通して一歩一歩完全な真理に向かっていくしかない。

ただキリスト教の教義は、既に賞味期限切れでしょうね。

だからこういった問題が表面化している。

そう思いますけどね。

関連記事

  1. GLAと幸福の科学 8

  2. 幸福の科学の教え 3

  3. 幸福の科学の教え 9

  4. 嘘のつけない良心

  5. 大日意識の意図

  6. 修正と追記

  7. エデンの楽園創造

  8. GLAと幸福の科学 10

コメント

  1. Very nice article and right to the point. I am not sure if this is truly the best place to ask but do you guys have any thoughts on where to employ some professional writers? Thx 🙂

  2. You made some decent points there. I checked on the internet for more info about the issue
    and found most people will go along with your views on this website.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年4月
« 3月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    絶対的一元論
  2. 国際

    国連総長「世界GDPの1割の資金必要」回復に
  3. Truth

    原文 18
  4. 国際

    世界は景気後退入りへ
  5. 国際

    全世界 30億人がロックダウン
  6. Truth

    創造経済 4
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.03.31

    原文 18
  1. 2018.06.10

    日本の凋落