首都直下地震 1

首都・東京で大地震が起こりますと、一体どうなるのでしょうか?

これですね。

あるいはこれです。

怖いですね。

中央防災会議が2013年12月19日に都心南部直下地震の最終報告書を公表しました。

首都直下地震対策検討ワーキンググループ最終報告の概要(PDF)

4ページ目に人的被害が記載されていますが、冬の夕方、風速8m/sで最大の死者が出るとあります。

その数、2万3000人です。

その他の被害は下記の画像が分かりやすいと思います。

24時間以内に自宅に帰れない帰宅困難者は800万人にものぼります。

首都圏は50%が停電し、避難者も翌日には300万人に達し、2週間後には720万人にも上ると想定されています。

首都・東京の1330万人の内720万人が避難者となる。

その率は54%ですから首都圏の半数以上の方が避難生活を送ることになる。

あるいは一都三県(東京・埼玉・千葉・神奈川)ならば3500万人であり、その率は20%ですから5人に1人は避難生活を送ります。

大変な事態です。

電力も2軒に1軒は停電している計算になります。

東日本大震災でも最大避難者は40万人以上ですから、首都直下地震はその18倍にものぼる避難者が予想されているということです。

主要道路の開通には1~2日ほどかかるそうです。

ただ炎の竜巻、火災旋風等の被害は含まれていませんから、実際はこれ以上の被害が出るでしょう。

これですね。

高さ200メートル以上にも立ち上る炎の竜巻です。

1923年の関東大震災、いわゆる大正地震では火災旋風は東京で110個、横浜で30個発生したと言われています。

想像を絶する数です。

火災旋風の研究(PDF)

被服廠跡の悲惨さは今も語り継がれています。

当時、避難所となっていた被服廠跡に避難した方々が、火災旋風に巻き込まれ多くの人が死亡しました。

しかも首都直下地震は、かなりの確率で起こることが分かっているわけです。

一旦、起こった場合どうなるのでしょう。

この地震は禅でいう「前後裁断」の地震であり、その前とその後の前後が断ち切られている地震です。
首都直下地震は起これば、それから5年後に日本経済が破綻する確率は70%と試算されています。

首都直下地震試算:日本の財政、5年後7割の確率で破綻

「マグニチュード(M)7級の首都直下地震が起きると、日本の財政は5年後に約7割の確率で『破綻』するとの試算を、小黒一正・一橋大准教授(公共経済学)らがまとめた」

「地震が起きない場合の破綻リスクの約2.4倍という」

「(20)15年に発生した場合の(20)20年の財政破綻確率は68.9%、なければ28.1%だった。」

もし今年2015年に首都直下地震が起これば70%の確率で5年以内に日本経済は崩壊する。

地震が起きない場合の2.4倍の破綻リスクだそうですから、5年に2.4を掛けますと12年となる。

すなわち首都直下地震が、たとえ起こらなくても12年以内に破綻する確率は70%と言うことです。

2015年から12年後と言いますと2027年ですね。

一切大地震が起こらなくても、2027年までに財政破綻する確率が70%と言うことです。

要はほぼ破綻するということです。

ご苦労さま。

では具体的に首都直下地震における経済的被害はいかほどのものなのでしょうか?

首都直下地震の被害想定と対策について(最終報告)PDF 2013年12月

中央防災会議・首都直下地震対策検討ワーキンググループがまとめています。

マグネチュード7クラスの都心南部直下地震の想定ですが、PDFの19ページです。

経済的被害は「95.3兆円」です。

以前の想定である「112兆円」から減っています。

実はこのグループは、マグニチュードM8クラスの関東大震災級の被害想定もしています。

もしM8クラスの大地震が首都で起これば、どのぐらいの被害が出るのか。

それがこれです。

一番最後の24ページ目です。
経済的被害は「160兆円」と試算しています。

M7クラスのほぼ倍です。

大変な被害額です。

これが起これば5年どころか2、3年で破綻していくのではないか?

ではこの首都直下地震は、いつ起こるのでしょうか?

2011年には「30年以内に98%」、M7クラスの首都直下地震は「5年以内、すなわち2016年までに起こる確率を75%」としていました。

もちろん国は30年以内に70%としています。

これが2012年になりますと4年以内、すなわち2016年までに起こる確率を「70%」としていました。

発生確率が段々下がっているのですね。

リンク切れ

ところが当時、その切迫性に疑義が出まして修正されています。

「M7は5年内に30%弱」 首都直下型で試算 日経

この記事は2012年4月23日の記事ですが、ここでは以下のような予測となっています。

統計数理研 5年以内に30%弱

東京大学  4年以内に50%以下

京都大学  5年以内に28%

政府の地震調査委員会 30年以内に70%程度

統計数理研は2017年までに起こる確率を30%とし、東京大学は2016年までに起こる確率を50%以下、京都大学は2017年までに起こる確率を28%としています。

大幅に危機感が低下していますが、よく考えますとこの確率はかなり高いです。

普通は高い場合でも1%とか2%ですから、かなり高い数値だと思います。

特に首都圏の方は大変ですね。

地方よりも遥かに防災対策に気を使わなければならない。

しかも東京は超過密都市です。

地方で地震が起こるのとはわけが違います。

大地震を通して善と悪が分かれるわけですが、その意味を今もって人間は分かっていないようです。

なぜ天地揺さぶる力を神の力と言うのか。

天変地異と大地鳴動における神の奥義を知らなければならない。

これを知った時、人類は救世の真の意味を理解することとなる。

手遅れだと思っていますけどね。

自然は優しいですが、苛酷でもあります。

神の優しさと厳しさの両面が自然界には表現されています。

その意味を悟ることも重要ですが、神は厳しかろうが、優しかろうが、どちらも絶対の善を表現している。

大宇宙と自然界ほど完全なる存在はない。

全く見事な世界を神は創造されたと思います。

世界を知ることが神理を知ることであるとよく分かる。

自然界を知ることが、自己を知ることであると分かります。

本当は大宇宙を知ることが、実はおのれを知ることであった。

人類各人の真の本質が自然界と大宇宙に、すなわち目の前に永遠に表現されている。

我々の本質を永遠に目の前で見せてくれている。

かつてエマソンは、「自然界とは人間の見事な自己解明である」と言いましたが、人間の生命の本質が、目の前に自然界として表現されている。

人間生命が自然界において見事に解明されている。

彼もこれを自己の生命を通して見ていた方なのでしょう。

 

関連記事

  1. 首都直下地震 2

  2. 防災対策とアウトドア

  3. 続・火おこし

  4. ナイフ類 2

  5. 悲惨な避難所生活

  6. ナイフ類 1

  7. 屋内テント 2

  8. 破局噴火と原発

コメント

  1. Aw, this was an extremely good post. Finding the
    time and actual effort to produce a top notch article… but what can I say… I put
    things off a lot and never manage to get nearly anything
    done.

  2. It’s amazing designed for me to have a website, which is beneficial designed for my experience.

    thanks admin

  3. I believe that is one of the most significant info for me.
    And i’m happy reading your article. But want to commentary on some common issues,
    The website taste is wonderful, the articles is in point of fact excellent : D.
    Good process, cheers

  4. Wonderful site you have here but I was curious about if you
    knew of any user discussion forums that cover
    the same topics talked about here? I’d really like to be a part of online
    community where I can get responses from other experienced individuals
    that share the same interest. If you have any suggestions, please let
    me know. Cheers!

  5. naturally like your web site but you need to check
    the spelling on several of your posts. Several of
    them are rife with spelling problems and I in finding it
    very troublesome to tell the truth however I will certainly come again again.

  6. Thanks a bunch for sharing this with all of us you really recognize what you are speaking approximately!
    Bookmarked. Kindly also discuss with my
    website =). We will have a hyperlink trade arrangement among us

  7. Good day! Do you know if they make any plugins to safeguard against
    hackers? I’m kinda paranoid about losing everything I’ve worked hard on. Any suggestions?

  8. Would you like to see and talk to sexy girls for free? If so, then visit http://taraa.xyz/fl5

  9. Perfect piece of work you have done, this website is really cool with great info .

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イギリス総選挙 議席確定
  2. 国際

    イギリス総選挙
  3. Truth

    原文 10
  4. 真理関係

    ミカエルの霊言の考察
  5. 気候変動

    4つの数字
  6. 気候変動

    温暖化ガス最高値更新
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2019.12.8

    原文 10
  1. 2015.05.20

    存在の愛
  2. 2015.08.6

    はだしのゲン