「神」とは何か 1 単T

富や権力、欲望や自我、地位や名誉、快楽や御利益、肉体や物質、霊格や有名な過去世、霊能力や国益、これら相対的なものを絶対化する。

すなわち信仰することを偶像崇拝と言いますが、まさに現代は富と国益を崇拝している偶像崇拝の時代です。

相対的なものは全て目的にもならず、否定もできず、目的と否定の両極端の中道に入るのが神の道です。

関連記事

  1. 適法性のプロとコントラ 単T

  2. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -GLA編 2ー 単T

  3. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 19 単T

  4. 探究項目としての多次元世界 単T

  5. 全体の悟り 4 単T

  6. 憑依の原理 5 単T

  7. エリュシオン 15 単T

  8. 原文 40 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    救世の4原理 105
  2. 単体 C

    救世の4原理 105 単C
  3. Truth

    探究項目としての多次元世界
  4. 単体 T

    探究項目としての多次元世界 単T
  5. Creator's Report

    真理と現象利益は、神の存在に依存している
  6. 単体 C

    真理と現象利益は、神の存在に依存している 単C
  7. Truth

    人類の救済と幸福は神の存在に依存している
  8. 単体 T

    人類の救済と幸福は神の存在に依存している 単T
  9. 真理関係

    追悼 大川隆法 3
  10. Creator's Report

    救世の4原理 104
  11. 単体 C

    救世の4原理 104 単C
  12. Truth

    大日意識の干渉とは