単体 T

批評家の精神 エマソン 単T

時間と空間は思想の形式に過ぎない : ラルフ・ウォルドー・エマソン

時間と空間は「時空」と言い、「時空」はイコール「物質」であり、物質は相対的である、すなわち時間と空間は相対的なものであると言われたのが、かのアインシュタイン博士であり、これを相対性理論と言います。

時間と空間は相対的なものであり、物質は相対性がその性質ですから、神の体、いわゆる物質のみを見ている限り、我々人類には「絶対的なるもの」、すなわち神は存在しないことになります。

関連記事

  1. GLAと幸福の科学 32 単T

  2. 総括 13 単T

  3. 聖地 単T

  4. 地獄界消滅の法は仏教にあり 単T

  5. 地球ユートピアとは、神人合一の文明 3 単T

  6. 神はすべてのすべて、信仰はすべてのすべて 単T

  7. 悟りと霊能力 Ⅳ 単T

  8. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 8 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T