本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 5ー 単T

架空の概念には、必ず矛盾があります。

キリスト教で言われている「原罪」とは、人祖「アダムとイブ」が神の戒めを破り、知恵の木の実を食べた。

今で言えば国益と利益と言う相対的な実を選択して食べた。

神の御心は「人類の幸福」であるが、アダムとイブは幸福ではなく、相対的な快楽を選択した。

関連記事

  1. 菩薩の悟り 1 単T

  2. GLAと幸福の科学 26 単T

  3. 永遠の幸福 単T

  4. 宗教戦争消滅の法 2 単T

  5. 悟りと反省 単T

  6. 神人合一の悟り 単T

  7. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 6ー 単T

  8. 全体の悟り 15 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    宗教戦争の主な二つの原因
  2. Truth

    安楽死、堕胎、自殺の問題
  3. Creator's Report

    善悪の基準としての大宇宙
  4. Truth

    宇宙即我 その3つの悟り
  5. 国内

    超スーパースプレッダー・イベント !?
  6. Creator's Report

    謙虚さの本質は悟りに在り
  7. Truth

    この世の究極の価値は、あの世の存在によって証明さ…
  8. Creator's Report

    全人類救済と全人類幸福の共通点
  9. Truth

    悪の分析
  10. 国際

    米 過去1200年で最悪の干ばつの可能性
  11. Creator's Report

    天地一体の悟りに不幸なし
  12. Truth

    人間の本性