本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 5ー 単T

架空の概念には、必ず矛盾があります。

キリスト教で言われている「原罪」とは、人祖「アダムとイブ」が神の戒めを破り、知恵の木の実を食べた。

今で言えば国益と利益と言う相対的な実を選択して食べた。

神の御心は「人類の幸福」であるが、アダムとイブは幸福ではなく、相対的な快楽を選択した。

関連記事

  1. エリュシオン 18 単T

  2. 霊道現象と霊言 単T

  3. GLAと幸福の科学 26 単T

  4. あなたがたは下から出た者だが、わたしは上からきた者である。 ヨハネ8-…

  5. 信仰・希望・愛の三元徳 単T

  6. 禁断の知恵の木の実 1 単T

  7. 三千世界の次元上昇 2 単T

  8. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 9 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    信仰の科学
  2. 単体 T

    信仰の科学 単T
  3. Creator's Report

    神について Ⅱ
  4. 単体 C

    神について Ⅱ 単C
  5. 単体 T

    自我と物質の考察 Ⅴ 単T
  6. Truth

    自我と物質の考察 Ⅴ
  7. 真理関係

    宗教 Ⅳ
  8. Creator's Report

    神の大聖典
  9. 単体 C

    神の大聖典 単C
  10. Truth

    神の光
  11. 単体 T

    神の光 単T
  12. Creator's Report

    神について Ⅰ