本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 5ー 単T

架空の概念には、必ず矛盾があります。

キリスト教で言われている「原罪」とは、人祖「アダムとイブ」が神の戒めを破り、知恵の木の実を食べた。

今で言えば国益と利益と言う相対的な実を選択して食べた。

神の御心は「人類の幸福」であるが、アダムとイブは幸福ではなく、相対的な快楽を選択した。

関連記事

  1. 「希望」としての神の存在 単T

  2. 大救世運動の目的 単T

  3. 「幸福」とは何か 単T

  4. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 3 単T

  5. 全体の悟り 12 単T

  6. 三千世界の次元上昇 5 単T

  7. 神即我、神即人類 単T

  8. 神の呼吸のみ実在 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    救世の4原理 55
  2. Special

    Multidimensional World Ⅲ…
  3. 国際

    高インフレに怯えるFRB
  4. Creator's Report

    救世の4原理 54
  5. Truth

    メビウスの環
  6. Creator's Report

    救世の4原理 53
  7. Truth

    信仰の原点
  8. 国際

    忍び寄るスタグフレーション
  9. Creator's Report

    救世の4原理 52
  10. Truth

    仏の慈悲
  11. Creator's Report

    救世の4原理 51
  12. Truth

    良心の覚醒