本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 5ー 単T

架空の概念には、必ず矛盾があります。

キリスト教で言われている「原罪」とは、人祖「アダムとイブ」が神の戒めを破り、知恵の木の実を食べた。

今で言えば国益と利益と言う相対的な実を選択して食べた。

神の御心は「人類の幸福」であるが、アダムとイブは幸福ではなく、相対的な快楽を選択した。

関連記事

  1. あなたがたは下から出た者だが、わたしは上からきた者である。 ヨハネ8-…

  2. 天のソドムと地のゴモラ 2 単T

  3. すべての多様な価値は神の心に帰一する 単T

  4. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 10ー 単T

  5. 裁きと許し 3 単T

  6. 原文 21 単T

  7. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -プロローグー 単T

  8. 宗教戦争消滅の法 2 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

PICK UP

  1. Special

    The law of horizon Ⅰ
  2. Creator's Report

    救世の4原理 38
  3. Truth

    多次元世界の意味
  4. 国内

    スーパー南海地震
  5. Creator's Report

    救世の4原理 37
  6. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 7
  7. 真理関係

    大宇宙の絶対的権威
  8. 単体 T

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 6 単T
  9. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 6
  10. 国内

    ベンガル株
  11. 単体 T

    原文 37 単T
  12. 単体 T

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 5 単T