本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -GLA編 2ー 単T

生前のGLAでは、「色心不二」が説かれていたと思いますが、これは生命即物質ということです。

「色」とは形あるもの、すなわち物質のことを指し、これと心は一つである。

これ自身が「宇宙即我」の悟りと言えます。

生命(主観)と物質(客観)は、一つということです。

宗教は「生命法則」を探究し、科学は「物理法則」を探究する。

関連記事

  1. 全人類幸福化運動とは、「神の聖なる支配」のことである 単T

  2. ベーシック・インカム 1 単T

  3. 偶像崇拝とは何か 単T

  4. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -神道編 5ー 単T

  5. アンタッチャブル 1 単T

  6. 創造経済 3 単T

  7. 宇宙即我の悟りに地獄なし 単T

  8. 創造的破壊 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    光の輪廻転生
  2. Truth

    神の絶対的秩序
  3. Creator's Report

    宗教界におけるお布施の問題
  4. Truth

    地球ユートピアとは天地一体の文明
  5. Special

    Axioms that classifies t…
  6. Creator's Report

    神の繁栄法則 2
  7. Truth

    原文 48
  8. Creator's Report

    神の繁栄法則 1
  9. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 3
  10. 真理関係

    真理の柱 3
  11. Creator's Report

    4つ目の「宇宙即我」
  12. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 2