金融システムレポート 日銀

金融システムレポートが出ました。

金融システムレポート 概要 日銀

2015年12月末で長期金利が「1%」上昇した場合、金融機関が抱える損失は「7.1兆円」とあります。

2016年2月末現在では「7.5兆円」の損失を抱えると記載されています。

金利が「2%」上昇した場合、金融機関が抱える損失は2015年12月末現在で「13.5兆円」です。

金利が「3%」上昇した場合は、「19.3兆円」です。

金融システム全体は、概して安定的であり、テールイベントが発生しましても、一応大した問題は生じないと報告されています。

テールイベントとは、テールリスク、あるいはブラックスワンとも呼ばれていますが、めったに起こることはないけれども、一旦起これば甚大な影響と損失をもたらす事象とそのリスクを言います。

リーマン・ショックや東日本大震災、アメリカ同時多発テロやメキシコ湾原油流出事件等が該当します。

日本の金融システムは、こういったテールリスクに遭遇しても安定性を失わないということです。

神々が考える「立て替え」なるものは、テール・イベントではなく、テール・イベントが頻発していく「ファット・テール」の方ですから、実際に神々が動きますと、この安定性は崩壊します。

ファット・テール」の事象の鍵は、1991年以後は当ブログが開示している神理が握っています。

今、神道が国家総結集して1991年から抑えてきたために、世界を救世する法がない。

神道が総結集するというのは、異常な嫉妬です。

日本は嫉妬社会でございましてね。

世界に救いの糸が足らされていない、この前提で世界の終わりや崩壊は起こせませんので世紀末予言はすべて外れてしまいました。

逆から言えば神理を抑えれば、どの神霊も崩壊や淘汰は起こせないということです。

神道が「立て替え」をよく言っていると思いますが、つまり「うしとら」に「立て替え」をさせないことも当ブログにはできるし、今までそれをやってきました。

もちろん今後もさせる気はないということです。

従って東京直下地震や南海トラフ地震程度ならば、いいですが日月神示の予言は、すべて外れてきたし、今も外れているし、今後も外れていきます。

彼らはスプリントの方ならば分かると思いますが、未だ「神一厘の秘策」の「一厘」の意味すら知らない。

20年以上前に知っていなければならないものを、まだ知らないのです。

それだけ遅れている系統なのです。

これは世界の救世と盟主の造り方を知らないということですが、神理の認識と悟りが、自分たちの妨害によって20年以上も遅れている。

福島も自業自得ならば、この神理の領域における悟りと認識の幼児性も自業自得です。

それだけの犯罪を犯してきたのです。

神約民主論」を通して確立される「神の権威」によって神道は、今後「A級戦犯」ではなく、「永久戦犯」として名指しされていくのです。

恐らく国家としてはなくなっていくだろうと思っています。

それほどの犯罪国家は、その存在を許されなくなるということです。

福島や衰退を見れば、明白ですが、第二次世界大戦の時よりも酷いでしょうね。

しかしてこれも自業自得です。

押し付けはしませんが、神道の教えからは離れておいた方が無難です。

釈迦は神道を切ったようですが、今回の救世運動の失敗の根源の原因は、この神道にあったのです。

表面的には釈迦のせいに見えますけれども、釈迦の罪などは、ほんとかわいいものです。

肯定するわけではないけれども、まだ人間的な罪であり、神道ほどの罪ではないでしょう。

光一元思想や日月神示からは離れておきなさい。

彼らは今後、「永久戦犯」として国家単位で裁かれていく犯罪者達なのです。

神の名を語って「立て替え」を行ってよい者たちではないのです。

福島である程度裁きが下ったのではないかとも思いますが、どうもそのような簡単な犯罪者共ではないようで、私も想定不能です。

ただトレースはできる。

世界の破壊と創造は、今回、お釈迦さんの方に大変な問題が出ており、非常に難しい問題を含んでいるために、ゼウス神が実行されるだろうと思います。

つまり欧米からの可能性が高いのです。

法の編纂」もなにかポツーンと、私が孤立しちゃって、一人で全部しなければならないような状況になっている。

できますからいいですけどね。

何か足をがくがくさせながら、「ふん、全然きいてねぇぜ」、「こんなんで法の探究をあきらめる俺じゃねぇぜ」と思っています。

本当は釈迦が中心となって編纂しなければならない法なのですが、現時点ではそうなっていない。

諸神霊の有難いご指導のおかげで、何とかかんとか分かる。

それましたが日銀のレポートでは「テールリスク」に接しても金融システムに問題は生じないけれども、「ファット・テール」の想定はしていません。

テールリスク」は、変わらずリーマン・ショック並の事象を想定しています。

ベースライン・シナリオはこれです。

ベースライン・シナリオでは貸出は緩やかに拡大していくが、マイナス金利政策の影響で銀行の利ザヤは縮小していくために利益は減少していく。

しかしてその影響は徐々に減衰していき、金融機関の自己資本比率は規制水準を上回って推移する。

これがベースライン・シナリオです。

テールイベント・シナリオはこれです。

リーマン・ショック並の悪化を想定しています。

国際統一基準行(自己資本比率:CET 1は8%以上)は海外の貸し出しは大幅に減少するが、国内基準行(自己資本比率4%以上)は、緩やかな減少にとどまる。

リーマン・ショック並の事象に遭遇した場合、国際統一基準行では自己資本が「5%」低下するけれども、規制水準(自己資本比率8%)は、平均的にはクリアする。

国内基準行はベースライン・シナリオと比較すれば、「8.7%」とベースラインの「10.6%」から「1.9%」低下するが規制水準の「4%」を十分に上回る。

3年後でも大した影響はないということですね。

安定した金融システム状況にある。

すなわちリーマン・ショック程度の事象ならば、金融システムは揺らぐことはなく、問題もない。

ただ今回の犯罪者共が死の灰を吸って、徐々に衰退していくだけの話です。

偶像崇拝」をしている世界の崩壊と再生は、ゼウス神次第ということでしょうが、これは「テールリスク」ではなく、「ファットテール・イベント」となる。

何にしろ神を信じてきた者が繁栄し、神を信じてこなかった者共が衰退していく。

神が文明の盛衰を分け、善悪を分け、悪党はみな滅んでいく。

神道は逆をしているから衰退しかありません。

心配はいりません。

衰退していくのは、「君、ひとりじゃない

神を売り、戦争を売り、神の御名を語って繁栄しようとか、盟主になろうとか、随分と図々しい系統です。

色々とお釈迦さんも文句を言われているようですが、彼のおかげで朝鮮半島は侵略されずにすみ、端女にならずにすみました。

中国も奴隷にならずに済み、結局はアジア人を救いました。

悪だ悪だ、カルトだ言われながらも、結局最後、結果だけはいつも善となっている。

全く不思議な人です。

選んだ国が悪すぎましたね。

悪の勉強だけはさせてもらいました。

善が勉強したかったのですがね。

逆をやらされました。

おかげで神理が完成しましたから「結果オーライ」ということです。

 

関連記事

  1. 日本経済は「ねずみ講」

  2. 謎はすべて解けた(笑)

  3. 東芝の正念場

  4. 日経新聞社 FT(フィナンシャル・タイムズ)を買収

  5. ジャンク債バブル崩壊が始まった?

  6. アベノミクスの失政隠し?

  7. 1%の攻防

  8. 東芝のお花畑

コメント

  1. Please let me know if you’re looking for a author for your blog.
    You have some really great articles and I believe I would be a
    good asset. If you ever want to take some of the load off, I’d love to write some content for your
    blog in exchange for a link back to mine. Please blast me an email if interested.
    Regards!

  2. Hi, I do believe this is a great site. I stumbledupon it 😉 I’m going to come back
    once again since i have book marked it. Money and freedom is
    the best way to change, may you be rich and continue to guide other people.

  3. Yesterday, while I was at work, my sister stole my iphone and tested to see
    if it can survive a 30 foot drop, just so she can be a youtube sensation. My
    apple ipad is now broken and she has 83 views. I know this is completely off topic but I had
    to share it with someone!

    • g
    • 2019年 5月 11日

    May I simply say what a relief to discover somebody that genuinely knows what they are talking about on the net.

    You definitely understand how to bring an issue to light and
    make it important. A lot more people need to
    look at this and understand this side of your
    story. It’s surprising you are not more popular since you most certainly possess the gift.

  4. fantastic issues altogether, you just received a new reader.

    What might you recommend in regards to your submit that you simply made some
    days in the past? Any positive?

  5. Hi! I could have sworn I’ve visited this website before but after browsing through a few of the posts I
    realized it’s new to me. Nonetheless, I’m certainly pleased I found it and I’ll be bookmarking it and checking back frequently!

  6. Thanks for ones marvelous posting! I actually enjoyed reading it, you might be a great author.I
    will be sure to bookmark your blog and definitely will come back someday.
    I want to encourage you continue your great work,
    have a nice evening!

  7. The other day, while I was at work, my sister stole my iPad and tested to see if it can survive a
    twenty five foot drop, just so she can be a youtube sensation. My iPad is now broken and she has 83
    views. I know this is totally off topic but I had to
    share it with someone!

  8. Great beat ! I wish to apprentice while you amend your website, how could
    i subscribe for a blog website? The account aided me a acceptable deal.
    I had been a little bit acquainted of this your broadcast provided bright clear
    idea

  9. I will right away clutch your rss feed as I can not find
    your email subscription hyperlink or newsletter service.
    Do you have any? Please allow me realize so that I may subscribe.
    Thanks.

  10. If some one wants to be updated with latest technologies
    after that he must be visit this website and be up to date everyday.

  11. Great post. I was checking constantly this blog and I am impressed! Extremely useful info particularly the last part 🙂 I care for such info much. I was seeking this certain information for a very long time. Thank you and good luck.

  12. You are a very smart individual!

  13. Usually I don’t learn post on blogs, but I wish to say that this write-up very pressured me to try and do it!
    Your writing taste has been amazed me. Thank you, quite nice article.

  14. Thanks for your marvelous posting! I actually enjoyed reading it,
    you could be a great author.I will always bookmark your blog and definitely will come back at some point.
    I want to encourage continue your great job, have a nice evening!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イギリス総選挙 議席確定
  2. 国際

    イギリス総選挙
  3. Truth

    原文 10
  4. 真理関係

    ミカエルの霊言の考察
  5. 気候変動

    4つの数字
  6. 気候変動

    温暖化ガス最高値更新
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2019.12.8

    原文 10
  1. 2016.02.5

    東芝の苦難